闇 金 お金 借りる

今すぐお金貸して!キャッシングで頼りになる街金一覧・全国対応も

世間で悪い評判の多いヤミ金融。どうしても融資が必要だけどどこからも借りられない…めちゃくちゃ困って、仕方なく思わず相談しようかなと一度は考えた人もいるのではないでしょうか?

しかし、ヤミ金業者のキャッシングに手を出したら…アウトですよ!

一般的にお金を借りる場合には、まず思い浮かぶのが消費者金融系ですね。あとは銀行系、そして信販会社系。このようなところからキャッシングやカードローンを利用すると思います。ただし、当然ご存知とは思いますが、これらには必ず「利用前審査」がありますよね?

もちろんこれまでにクリーンな利用の仕方をしていたり、身辺状況、就労状況などが良好であれば当然すんなり審査に通ることが可能ですが、これらの信用情報に何らかの問題があると当然ですが審査に通らなくなる可能性はぐんと上がります。

しかし緊急を要する場合でどうしてもいますぐにお金が必要な場合は、審査が終わるまで待てなかったり、または審査が結局通らなかったりすると次の手立てとしていわゆる「ヤミ金業者」というところに頼ってしまいたくなる人もいるでしょう。しかし、このヤミ金業者は利用するには十分な注意が必要です。

では、なぜ闇金業者が注意しないといけないのか、こういったところから借りてはいけないと言われているのか、今から説明したいと思います。よく聞いてくださいね。

そもそもヤミ金業者って何者なの?

ハイ。闇金業者とはその名の通り闇…すなわち表立って金融会社として活動することのできない裏の金融業者になります。読んで字のごとくなので何となく想像は付きますね。

ではなぜ彼らは表立って活動することはできない(しない)のでしょう。

なぜなら、一般的な金融業者が法律にのっとって必ず保有している「貸金業登録番号」という番号を取得していないからなのです。

まず貸金業を営業するにあたっては、国の許可が必要です。国や都道府県へ申請したのち登録し、特別な許可を受けて営業する権利が持てます。闇金業者はこの法に定められた番号を取得していないのです。

当然、裏稼業扱いになりますから表立って活動できるはずがないのです。

逆に言えば、法律で定められたようにきちんと会社として経営していないのですから、利息制限法で定められている上限金利(20%)よりもずっと高利な金利で貸し付けを行ったりしているのです。

テレビや映画、マンガなどで「トイチ」という言葉を聞いたことはありませんか?トイチ=10日間で1割の利息…1年に換算して考えるとなんと365%です。20%どころではありませんよね。さすがにこのようなマンガのような金利を言い出すところなどないだろうと思ったら間違いです。

あるのです。アンダーグラウンドで目につかないだけです。また、さすがにそこまでないにしても、確実に上限金利よりも高い金利で貸し付けています。

ですので、いくら今すぐに式な必要だったとしても、ヤミ金からの借り入れには手を出さないように注意しましょう。金利で本当に大変なことになり、もう自分の手でこの世から去るしかない…となるまで追い詰められてしまう人はいくらでもいるのです。目につかないだけなのです。

Q・ヤミ金業者の見分け方をおしえてください

A・お答えします。

闇金業者の特徴や見分け方について説明しますのでよく聞いてください。

■電柱や掲示板などに電話番号の入っている広告が貼ってある

少し昔ならば、一般的な消費者金融会社(大手も含める)の広告も良く見かけましたよね。街のあちこちに貼ってありました。しかし、今はほとんど見かけません。街を意識して見てみてください。

その代わり、大手ではなくよく分からないような中小企業のようなネーミングの簡素な広告が電柱などに貼られているのが増えていることにお気づきでしょうか。なぜなら闇金業者は広告が堂々と打てないのです。このような理由により掲示板や電柱などに貼るのが手口となっています。

街の中に貼ってある「キャッシング・今すぐ貸します・お困りの方・すぐお電話を」のような文言とともにキャッシング案内の広告が貼ってあったら、ほぼ100%闇金業者の広告と思って間違いないでしょう。電話などしないようにしてください。

さらに、その広告にある連絡先電話番号が、固定電話ではなく080、090などで始まる携帯電話番号といった場合には、よりヤミ金業者である可能性が高くなります。

■貸金業登録番号の記載が無い

先述した通り、貸金業者には国や都道府県から交付を受ける貸金業登録番号というものがあります。闇金はこの貸金業登録番号を持っていないのです。

しかし近年はヤミ金も手口がだんだんと巧妙になってきており、わざと架空の番号をそれらしく表記していたり、実在の他の業者の番号を使っていたり、悪質な場合には廃業したり既に抹消されている業者の番号を入手して使用しているケースもあるようなので、番号があるから大丈夫と安易に思わないようにしましょう。

その交付番号が本物かどうか調べたい場合には、金融庁に登録貸金業者情報検索入力ページというサイトがあります。検索をかければ、それが本物の登録番号なのか、すぐにわかるでしょう。少し手間かもしれませんが、騙されないためにも怪しいと少しでも感じたら、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで貸金業登録番号を調べてみる事をおすすめします。

金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php

ここから登録番号や住所、屋号や電話番号等の情報をいずれか入力して検索をかけてみてください。ちゃんとした登録業者であれば、ヒットするはずです。

ここまで検索をかけてみてもやはり情報が出てこなかった場合は、ほぼほぼ100%ヤミ金だと思いましょう。

■連絡先が携帯電話番号である

先程も書きましたが、貸金業法では広告に掲載する電話番号が携帯番号であることは禁止されています。一昔前は揶揄して090金融などと呼ばれていました。

今は090以外にも080や070などの番号で書かれてある場合も多くありますので、このようないわゆる固定電話ではない、携帯番号と思しき番号で広告が出ていた場合は、ヤミ金だと言えるでしょう。当然、法律違反です。

最近では広告も巧妙にごまかして表記しており、09-0××××などと-(ハイフン)の位置をずらして、パッと見ただけでは携帯番号でなく固定電話と思わせてしまうような表記の仕方でごまかしをするヤミ金業者もありますので、巧妙な手口を見抜けるよう注意してください。

■HPは持っているのか?

ヤミ金業者は、表立って活動できないという理由からホームページなど持っていないケースも多いようです。

しかし、ごまかし方が巧妙で手が込んでいる場合も最近は増えており、あたかもクリーンなイメージを持たせるような巧妙なホームページをわざわざ作っているヤミ金業者もあるとのことなので油断はできないでしょう。

ホームページがあったとしてもチェックする事項があります。貸金業法では自社ホームページには

貸金業者の商号、名称または氏名
貸金業登録番号
金利(実質年率で小数点第一位以下まで)
返済の方式ならびに返済期間および返済回数
担保に関する事項
電話番号(固定電話またはフリーダイヤル)※携帯電話は不可

これらの情報を記載しないといけないと決まっていますので、多少面倒でもここまでチェックして疑うくらいの気持ちでいたほうがより安心です。

自分の身は自分で守りましょう。