簡単 に 借り れる

今すぐお金貸して!キャッシングで頼りになる街金一覧・全国対応も

ある日突然、キャッシングカードが使えなくなった、そんな困った経験はありませんか。

せっかく審査通過して、ようやく手に入れたキャッシングのカードが、使おうと思ったらある日急に使えなくなってしまうことがあります。

これまで何も問題なく使えていたキャッシングカードがいきなり使えなくなってしまうと、相当焦ってしまいますよね。しかし使えなくなるのは故障などではなくちゃんとした理由があるのです。

そこでキャッシングカードが突然急に使えなくなってしまう理由について、考えられる原因をいくつか解説したいと思います。おそらく使えなくなってしまった原因はこれです。

以下にひとつずつ説明していきましょう。

1.利用限度額を超えてしまった

これは当然至極まっとうな理由ですね。単純にキャッシングカードの利用限度額が肥えてしまっていたという理由です。限度額を超えたら利用できなくなるのは当然です。
ですので、キャッシングカードの利用限度額は事前に、常に把握しておく昼用があるでしょう。

2.返済が遅れている、または滞納している

これも当然の理由です。借りた金額を返済していない、または返済日が遅れてしまっていると当たり前ですが、利用を止められます。この場合は遅れている代金未払いを解消することによってまた再度使用が出来るようになります。まずは遅延している・滞納している支払いを済ませるようにしましょう。支払日が過ぎていないかチェックしてみてください。

3.ATMの機械が未対応だった

キャッシングカードによっては、使えない・提携していないATMもあります。自分のキャッシングカードと提携ATMかどうか、調べて確認してみてください。使えないと思ったら、単純に定形外だったということもあり得ます。

4.暗証番号が間違っている

暗証番号はきちんと管理できていますか。当然ですがキャッシングカードには事前に作成時に決めた暗証番号があるはずです。この暗証番号をしっかり覚えていないとこのような事態になった時に焦るという事態になるので、自分なりに覚えやすい番号を決めるようにしましょう。
どうしても暗証番号が思い出せない、分からなくなったという場合は、まずは金融会社へ連絡し、暗証番号変更の手続きが必要になります。

5.カードの磁気不良

意外と分かりにくい現象ですが、時期不良による不具合と言うこともなくはないでしょう。キャッシングカードはクレカなどと同様に、利用に必要な情報が磁気によってデータ化されています。この時期部分が何らかの衝撃によって不具合が起こってしまうと必要な情報を読み取ることが不可能になるため、結果としてキャッシングカードが使えないといった事態になります。
やはり磁気なので磁石に弱いという性質があります。磁力の強い場所にはおかないように注意しましょう。支払い遅延などの心当たりがないのにどうしても使えないといった場合は、最悪このケースも考えられますので、金融会社に相談の連絡をしてみてください。その際は再発行になると思います。そうなるとやはり手間がかかりますので、なるべくカードは大事に保管するように心がけましょう。